幻の中華そば加藤屋 四条にぼ次朗「森次郎」

【油そばレビュー】もやし好きに!幻の中華そば加藤屋 四条にぼ次朗の「森 次朗」がヤバうま。

 

こんにちは、管理人のGreatCatです。

今回は京都は祇園四条にひっそりと佇むラーメン屋

「幻の中華そば加藤屋 四条にぼ次朗」に行って参りました。

 

googleの検索サジェストでは「まずい」という言葉も同時に検索されているみたいですが、

評判の割には個人的にはかなり好きな部類の油そばでした。

レビューを兼ねてご紹介していきたいと思います。

 

 

スポンサードリンク

店内外観

幻の中華そば加藤屋 四条にぼ次朗 外観

 

店の外観は、ビルとビルの間に挟まれた超狭い路地を入った所にあります。

実に京都らしい路地で、入るまでに妙なワクワク感が生まれました。笑

 

幻の中華そば加藤屋 四条にぼ次朗 外観

 

店舗外観は、京都らしい古民家を改築した町屋風の情緒溢れる店構え。

 

平日のお昼のピークを少し過ぎた14時頃に来店しましたが、

店内はお客さんでほぼ埋まっていました。

特にお昼のピーク時には外まで行列が出来るという程の名店。

 

今回の来店は2回目でしたが、どちらも店内はほぼ満席状態でした。

 

油そば「森 次郎(麺:200g)」を注文

森 次朗 200g
食べログより転用

 

店内に入ると、まずは食券を購入するシステム。

ここの店は何と言っても油そばの小盛り・普通・大盛り・特盛りが

全て同じ値段で食べられる(来店時は750円)というのが特徴。

 

油そばの量は以下の

森 一朗 (100g)
森 一朗半 (150g)
森 次朗 (200g)
森 三朗 (300g)

というラインナップになっています。

 

GreatCat
これ、全て750円ですよ、奥さん。

 

以前食べた時に300gにしたのですが、あまりのボリュームの多さに苦戦したので

今回は潔く200gの「森 次郎」を注文。

 

GreatCat
なんか「森 次郎」って何度も書いていると、昔のとある首相の顔が出てくるニャ…

 

という戯言は心の中に閉まっておきましょう。笑

とにかく、そんな昔の首相の名前っぽい油そばを注文してみました。

 

食券を渡した際、トッピングについても尋ねられましたが、とりあえず

 

GreatCat
一番人気のやつで!
店員さん
じゃあスタンダードにしときますね。

 

と言われたので、普通トッピングにしました。

ちなみにニンニクは全抜きで注文しました。

 

麺は太めストレート、もやし超大盛り。

幻の中華そば加藤屋 四条にぼ次朗「森 次朗」

 

極太麺。モチモチした食感でタレとよく絡む。
タレ 魚介系煮干しベースの濃厚タレ。
具材 デフォルトでチャーシュー3枚、もやし超大盛り。

兎にも角にも、半端ないもやし・もやし・またもやし。

途中からもやししか入っていないんじゃね!?と思うくらいの量。

まぁ管理人はもやし大好きもやしっ子なので、いくらでも食べられますが。

 

最初に一気に混ぜ混ぜ。

食べ進める内にタレがよく絡んで、最後の方はだいぶ濃く感じました。

 

まとめ

幻の中華そば加藤屋 四条にぼ次朗

 

とにかくもやしの量がアクセントな「幻の中華そば加藤屋 四条にぼ次朗」の油そば。

個人的にこってり濃い目が好きなので、総合評価は以下の通りです。

 

タレ
トッピング
総合評価

 

魚介系にぼしベースなので、どうしても若干あっさり目なんですよね。

なので星1つ足らない理由としては、もうちょいタレのパンチが欲しかったです。

 

でも「京都+町屋+油そば」のタッグマッチはかなりいい雰囲気でした。

雰囲気大事ですよ、雰囲気。

店内のライトの明るさ加減でも、人間の味覚は変わると言われていますから。

 

油そば好きなら是非一度、ご賞味あれ。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサードリンク


One thought on “【油そばレビュー】もやし好きに!幻の中華そば加藤屋 四条にぼ次朗の「森 次朗」がヤバうま。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です