【Uni&Co】メッセンジャーバックS を買ってみた!【レビュー】

【Uni&Co】メッセンジャーバックSを買ってみた!【レビュー】

オシャレ自転車乗りの代名詞とも言える「Uni&co(ユニアンドコー)」のメッセンジャーバッグ。

革本来の持ち味を思う存分楽しめると謳っている同社の製品。

一枚革のオールハンドメイドなので、その分値段も高くつきますが、

それでも常に売り切れ必死の人気のメッセンジャーバッグの一つです。

 

今回はUni&CoメッセンジャーバックSのレビュー・感想を交えてご紹介していきたいと思います。

 

スポンサードリンク

Uni&Coメッセンジャーバッグの特徴

 

Uni&Coメッセンジャーバック

 

今回私が購入したのは以下のスペックの商品です。

商品名 MESSENGER BAG
サイズ S
カラー ROYAL NAVY
金額 ¥35,640

 

サイズ

Uni&Coのメッセンジャーバッグのサイズは「XS」「S」「M」「L」の4サイズです。

色によって無いサイズもありますが、基本的には4サイズ展開。

私はオフ日用に使用し、中身は「財布」「iPhone」「ペットボトル」が入ればいいので、迷うことなくSサイズにしました。

 

Sサイズと言えど、上記3点程度なら余裕で入る広さ。

詳しいサイズ表は以下になります。

size

W1 W2 H D ストラップ長 重量
XS 35cm 22.5cm 15cm 12cm 125cm 930g
S 42cm 30cm 17cm 15cm 110cm 1340g
M 53cm 36cm 19cm 16cm 110cm 1890g
L 60cm 43cm 23cm 18cm 110cm 2000g

 

カラー

DARK GREEN_ROYAL NAVY

 

正直、色!めっちゃ迷いました。

特にダークグリーンロイヤルネイビーで超迷いました。

ですが私の服装パターンからしてダークグリーンはちょっと浮くようなイメージだったので、ロイヤルネイビーで落ち着きました。

 

事前に東京Wheels大阪店にて色を確認しに行ったので、その時点で買おうかと思っていたのですが、

ロイヤルネイビーの方の在庫がなかったためあえなく断念。

なので今回はネットで購入しました。

 

金額

私が購入した「MESSENGER BAG (S)/ROYAL NAVY」の値段は「¥35,640円

メッセンジャーバッグの相場としては結構高めですが、その分本格的な一枚革を長く味わえるのが特徴。

体にもフィットするので、ロードバイクに乗る際もズレたりすることはあまりありません。

 

この品質・クオリティでこの価格は、妥当な金額ではないでしょうか。

商品到着!開封の儀。

開封〜外観

th_DSC06967

 

いよいよ商品が到着しました!

よくある開封の儀をよくあるパターンでご紹介していきますね。笑

 

メーカーに在庫があったため、注文してから2日後に来るという早さにはインド人も思わずビックリです。

早速ハサミでチョキチョキ…

 

th_DSC06971

 

う〜ん、昔スーパーで品出しのバイトしてたから、ダンボール開けは得意です。

ちなみにダンボールは業界用語で「パッキン」と呼びます。

 

…あれ、スーパー万代だけ?笑

 

th_DSC06975

 

中を開けてみると、白い梱包用の紙の中に、これまた白い布が。

さらに開けてみると…

 

th_DSC06976

 

丁寧に専用のロゴ入りバッグに収納されておりました。

こういう細かい配慮・サービスはカスタマー満足度を上げますね。

(↑めっちゃ上から目線。笑)

 

更ににこの白い布を、まるで服を脱がすかの様に(おぃw)丁寧に剥がしてあげると…

 

【Uni&Co】メッセンジャーバックS を買ってみた!【レビュー】

管理人
おおぉぉ…ぉ…なんて神々しい…

 

ちょっとオーバーリアクションかもしれませんが、

実物を見るとバッグのクオリティの高さに思わずウットリします。

ええ、絶対。

 

何と言ってもROYAL NAVYの色を最大限に引き出しているバッグの質感には感動モノ。

東京Wheelsの店員さん曰く、

 

TokyoWheels店員さん

Uni&Coのメッセンジャーバッグは、同じ色でも気温・湿度等の条件によって出来上がる製品に色ムラが出来るんですよ。

一つ一つの製品が世界でただ一つのオンリーワンの色になるのも、このバッグの特徴ですね。

と仰っていました。

確かに言われて見ると、表面は仄かに濃い部分と薄い部分が混在しているのが分かります。

 

th_DSC07016

 

…画像じゃめっちゃ分かり辛いですね。笑

私が持っているミラーレスだとこれが限界でした。

 

まぁとにかく、一つ一つのバッグの色具合は、その日の入荷時によって違うので、店員さんも

 

TokyoWheels店員さん
あ、今日はいつもより濃いめだな。

 

とか思いながら陳列しているんだそうです。

 

ロゴ

外側にあるロゴも見所ですよ、お兄さん!

 

th_DSC06992

 

「Uni(ユニ)」の商品名を柔らかいフォルムであしらった独特のフォント。オサレすぎですね。

 

フタのマグネットホック

こちらは主に「 XS」「S」と小さい方のサイズに取り付けられているマグネットホック。

 

th_DSC06987

 

皆さんがご想像する、マグネットで「パチッ!」と気持ちよく止まるアレですよ、アレアレ。

なぜホックが「 XS」「S」のみに付いているのか、店員さんが教えてくれました。

 

TokyoWheels店員さん
「XS」「S」は女性の方でもよく購入されます。女性は男性と比べて小物が多いので、その辺りを配慮してのマグネットホックでしょう。

それに「M」 「L」ともなると、正直ホックは必要ありません。

中にモノをいっぱい入れるのであれば、留める必要もなくしっかりと閉まってくれる為です。

 

確かにこれは店員さんの言う通りでした。

実際私が購入した「S」サイズで、中身をオール巨人師匠並みにパンパン(笑)にしてみると、

 

管理人
なんだ、ホック要らねえや。

 

って感じになりました。

頑丈に作られている故、中身が流出してくる事もまずありませんし、

何よりバッグ本体が身体にピッタリはまってくれます。

 

Uni&Coのメッセンジャーバックが人気の理由の一つとして、

外見だけではなく機能性も充実している、という事が分かりますね。

バッグの中身

さて、外見はこのくらいにして、次は中身です。

私が購入したROYAL NAVYの中身は、グレー仕様になっていました。

 

th_DSC06988

th_DSC06989

 

またこのネイビー×グレーのコントラストも良いですね。

中身は、休日用には十分なくらいの広さになっています。

 

収納ポケット

さらに内側には収納ポケットが2箇所あります。

まずは一箇所目。

 

th_DSC06990

 

こちらは小さいポケットが2箇所並んでいます。

中に入るのは「キーケース」「定期」等の小物サイズ。

実際私は定期や板ガムを入れています。

 

このポケットの特徴は、裏側の収納ポケットよりも早くアクセスできる事。

なので表側のこのポケットには普段よく使うものを入れておくのが良いと思います。

 

そしてもう一つ、上記ポケットの裏側にある大きなポケット。

 

th_DSC06991

 

こちらは「通帳」「小さい手帳」等は入るくらいの大きさのポケットです。

先述の通り、先ほどのポケットの裏側(後ろ)のポケットになるので、

カバンの中のあまり使わないものを入れておくのが良いでしょう。

 

インナーバッグは取り外し可能!

th_DSC07007

 

この機能、めっちゃ便利ですよね。

なんて言ったって掃除が究極に楽。

 

特に喫煙者の方は、そのまま入れると中のクズが散乱してしてしまう事がありますが、

このバッグは中が取り外せるので、そんな心配は一切無用です。

 

実際に背負ってみた

th_DSC06998

 

ピンボケごめんなさい。一人で背中を撮るって難しいですね。笑

猫背なんでよく分からないですが、これ、めっちゃ背中にフィットしているんですよ。

 

革だからあんまり背負い心地は期待していなかったのですが、もう天地がひっくり返る程の衝撃!

まるで何も背負っていないかのようなフィット感には、ベトナム人も思わずビックリです。

 

ロードバイクに乗っている時でもズレてきません。

やはりイイものはイイです。

 

総合評価・まとめ

 

私が数あるメッセンジャーバックの中でもこれを選んだ最大の理由は、

何と言っても「革の質感」です。

 

機能性はもちろんですが、やはり私は見た目にもかなりこだわってしまいます。

ですがこのUni&Coのメッセンジャーバッグは、その期待に120%応えてくれました。

 

Uni&Coメッセンジャーバック

 

ちなみにこのUni&Coはオール一枚皮で出来ています。

革製品は長くツヤや質感をキープするには、定期的な手入れが必要です。

革の手入れですが、私はこの製品を使っています。

 

th_DSC07010

Columbus(コロンブス) クリームミンクオイル オイル仕上げ専用クリーム

 

これ、結論から言うと…

超ツヤッツヤになります。

 

このオイルを使ってUni&Coのメッセンジャーバッグを磨きました。

 

th_DSC07009

 

 

管理人
うぅ…眩しい…

 

まるで太陽拳を使ったクリリンの様に光り輝きます。

(例えが下手すぎるだろ。笑)

 

まぁとにかく、超ツヤッツヤになる事は間違いないです。

値段も600円くらいとリーズナブルなので、革の味わいを更に引き出したい方は、同時に購入してもいいかもしれませんね。

 

総合評価

クオリティ
使いやすさ
値段
総合評価

 

以上、Uni&CoメッセンジャーバックS のレビューでした。

ご意見・ご質問等あればお気軽にメッセージいただければ幸いです!

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサードリンク


7 thoughts on “【Uni&Co】メッセンジャーバックSを買ってみた!【レビュー】

    1. XS・Sにはマグネットホックによって閉じられますが、M・Lにはマグネットホックは付属していないようです。(全ての商品を確認した訳ではないので、一概には言い切れないですけど^^;)

      このバッグを販売代行しているTOKYO Wheels大阪店の店員さんにもお伺いしたのですが、
      用途にもよりますが、ホックがなくても中身が落下する事はないようです。

      それでも不安という事でしたら、XS・Sのホックありを購入される事をオススメします。
      男性の休日用でしたら、Sサイズで十分に物足りますよ^^

  1. 初めまして!
    私もこのバックが欲しくて色々調べています。質問ですが、A4サイズの書類など入るサイズを希望しているのですが、ご購入されたサイズはいかがですか?
    ご返信よろしくお願いしますm(_ _)m

    1. 中島さま、初めまして。管理人のGreat_Catです。

      このバッグを買ってから1ヶ月程経ちましたが、最初はピーンと張っていたレザーが、段々といい感じに馴染んできて味のあるレザーになっていくのを日を追う毎に実感しております。

      私が買ったのはSサイズなので、A4サイズの書類等は入りません。
      私の場合は休日用と決めているので、「財布」「スマホ」「ペットボトル」等が入れば大丈夫なので、あえて小さめのSサイズを選択しました。

      A4サイズを入れようとお考えならば、Lサイズだとギリギリ入ると思います。
      Lサイズの高さは23cm、横幅22cmのA4サイズの書類を横向きに入れるイメージです。
      ですが私は実際にLサイズを手にした事が無いため、あくまでも寸法上の話です。
      実際に確認したいのであれば、Uni&Co.の販売会社に電話で確認した方がよさそうですね。

      Uni&Co.側も自転車乗りのメッセンジャーバッグとして制作されているようですので、
      商品の種類はこれ一本に絞って、ビジネス向けの商品の販売は今の所ないっぽいですね。笑

      ご参考になれば幸いでございます。

  2. ダークグリーンのカラーは落ち着いた雰囲気か派手な雰囲気かでいうとどちらでしょうか?(管理人さんの主観でかまいません!)

    1. >>もてぃさん

      コメントありがとうございます。
      私が購入したのはネイビーなのですが、購入して1年経過した今、革が馴染んできて良い質感になってきました。
      ダークグリーンは店頭で見た事があるのですが、とても落ち着いた雰囲気でしたよ。
      コーディネートで言うと、黒系の服に良く合いそうでした。
      ご参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です